採用力診断スコアチェックとは

採用成功に向けたガイドラインとして

誰に
経営者または人事部長
採用担当者向け
何を
(中途)採用活動が
しっかり出来ているかを
どうやって
48問の質問に回答した結果で
スコアチェックを行うものです

スコアチェックシート

採用活動に絶対はない、だがガイドラインは存在する

スコアチェックフィードバックシート

スコアチェックシート

採用活動に絶対はない、だがガイドラインは存在する

「採用活動には正解がない」とよく言われますが、様々な文献や論文、
また採用がうまくいっている企業には多くの共通項があります。

その「共通項」や「注目/注意すべき項目」を体系化し、
スコアチェックという形でリリースしたのが、採用力診断スコアチェックです。

診断を受ける中での気づき、終わった後のフィードバックが貴社に採用活動を
少しでも良くするきっかけになれば幸いです。

採用活動におけるよくある悩み

課題の見える化と採用インフラ工務店ができること

採用力を構成する"6つの力"

採用力向上のためのフレームワーク

採用力を構成する6つの力は採用インフラ工務店が独自に作成した
採用力向上のためのフレームワークです。

採用プロセスを母集団形成までの<前工程>
書類選考から決定までの<後工程>の2つに分類。

前行程前行程

後行程後行程

前行程
3C同様に自社(company)のことを考える戦略
顧客(customer)のことを考えるマーケティング
それに採用上・ビジネス上の競合(competitor)を
加えた3つの要素で構成。
後行程
選考プロセス、それにかかわる人のスタンス
必ず守らなければならないルールやガイドライン
の3つの要素で構成。

採用インフラ工務店の3つのサービス

採用をもっと、戦略的に

サービス案内
  • 採用力診断スコアチェック
  • 採用インフラ構築、定期検診

「採用成功」を一番の目的に、効果をあげる、費用を抑える、再現性を高める、質をあげる、リスクを軽減する、競合に勝つなど様々な目的に対応するサービスを採用のプロが行います。

01

採用力診断スコアチェック

採用活動の「課題」と「強み」が一目でわかる!
採用成功への第一歩
自社の採用力を測るための無料診断。
スコアチェックの結果が良い企業はより一層の効率化とコストダウンを。改善ポイントが見つかった場合は何からの打ち手を。診断結果をもとにした訪問も実施しておりますので、お気軽にお問合せください。

月額10万円〜

02

早い!安い!うまくいく!
採用活動に必要な情報のすべてを引き出す
※年間契約より承ります。
採用インフラ工務店の一番のサービスがこちら。企業理念、採用インタビュー、求人票作成などと言った、中途採用に必要な情報を採用のプロが人事に替わって行います。また情報の更新や追加も毎月行うため、常に新鮮な情報を求職者に提供出来ます。リファラル採用、転職エージェント、転職メディアの活用などどれにも対応出来ているので便利です。
※作成するコンテンツの量や訪問頻度に限りがありますので、詳しくはお問合せください。

03

採用のプロと行うPDCA!
御社だけの採用力を改善しつづける
採用インフラ構築後、毎月1回のペースで定期的に採用力診断・改善を行うサービスです。事業環境、採用環境が常に変化をしているのだから情報も常にアップデートする必要があります。採用インフラを構築し、採用力をある程度高めたのちに、改善をひたすら繰り返す。それが採用力UPの秘訣です。

採用インフラ工務店とは

採用成功に向けた新しいサービス

採用インフラ工務店とは

採用にお金をかける時代から、手間をかける時代へ
採用インフラ工務店は企業の“採用インフラ”を整え、「採用を通じたより良い社会の実現」をミッションに掲げる株式会社フォーリープの新しい事業部です。 人材のプロ、人事経験者、経営者から大手広告代理店のコピーライター、採用PRの経験者、採用ホームページを長年手がけてきたもの、外資系企業・ベンチャー企業での面接官経験者など多様なメンバーで構成されています。 あらゆる角度から多くの企業の採用を研究・議論した結果、導き出したガイドラインが採用インフラ工務店の骨格を形成しています。

採用を変えれば、未来が変わる

採用インフラ工務店は、採用の「質」をあげるエッセンスをリーズナブルによりスピーディーに採用企業の皆様に提供することを目的に設立されました。
マンパワー不足はもちろんのこと、採用ノウハウが不足しがちな中小、ベンチャー企業の採用活動の支援を行います。

市場環境や競争環境、そしてビジネスモデルが進化した今、採用が企業の活動に与えるインパクトはこれまでより大きくなっています。採用インフラを見直し、整えることによって、未来がより明るいものになることを私たちは願っています。